FXトレードスタイルのご紹介

金曜日, 6月 13, 2014 at 4:17 pm

FXは副業で利用する人の多い日本ですが、トレードによって注意するポイントの変化や、得意とするトレードなどの個性が変わってくるそうです。一番多いと言われているのは、一日ごとに決済を行うデイトレーダーというものですが、他のトレードなどもあわせてご紹介します。


FXの短期トレードも多様

FXで短期トレードといわれるものには、スキャルピング、デイトレード、スイングトレードなどがあるそうです。スキャルピングはデイトレードの一つなのですが、短い場合には数分間だけという特殊なトレードとなるため、デイトレーダーとは分けて考えられています。スイングトレードは一日以上、数週間未満といった、一ヶ月には満たないトレードをさしていることが多いようです。


長期トレードはポジショントレード

一ヶ月や長いときは、年単位でロールオーバーさせるものをポジショントレードといいます。ロールオーバーでずっと持ち越す分、リスクも大きくなる可能性があるという意味で、初心者にはあまりおすすめされないようですが、ポジションを維持することを重視するトレードという意味から、ポジショントレードと呼ばれています。金利差益と売買差益、両方を考えられますが、トレード期間とレバレッジは反比例されることが多いようです。

Categories: FX 初心者 おすすめ